ENGLISH
サイト内検索

イリジウムルツボ

TOP | 製品・サービス紹介 | イリジウムルツボ

イリジウムルツボ
イリジウムルツボ

プラズマ・ダブル溶解法にてIr原料を溶解することで高純度かつ無欠陥の材料を製造することができます。また、熱間における鍛造、圧延により、高密度な板材からルツボを製造しております。

特徴

成型・溶接加工も可能

熟練された作業スタッフにより難易度の高い加工も可能です。

検査により高い品質を保持

X線による非破壊検査を実施し内部欠陥がないことを確認しております。

様々な加工品にも対応

ルツボ以外にもアフターヒーター、リフレクターなど、単結晶育成に必要なIr器具のご用意も可能です。ご用途に合わせ強化Ir製品もご用意しております。

用例

イリジウムルツボは、主にCZ法(チョクラルスキー法)と呼ばれる単結晶育成装置で活躍します。
イリジウムは約2400℃の融点を持ち、常温では王水にも溶けない高耐蝕性を持つ金属です。この特徴を活かし、高融点の単結晶育成時には欠かせない材料として使用されています。
CZ法(チョクラルスキー法)とは、種結晶をルツボ内で溶融状態の原料に接触させてゆっくりと回転させながら引き上げ、単結晶を育成する方法です。
イリジウムルツボを使用して育成される代表的な単結晶として携帯電話のノイズフィルター基板で使用されるLT(リチウムタンタレート)やLED基板で使用されるサファイアが挙げられます。

CZ装置

イリジウムルツボ以外の加工品例

イリジウム シードホルダー

ルツボと同様にプラズマ・ダブル溶解法にて溶解された高純度かつ無欠陥の材料から製作し、種結晶に合わせたシード固定部の加工や、回転軸側に合わせた加工も可能です。
固定用ピンもIrにて製作しており、サイズも種結晶やホルダーの加工に合わせ自由に設計いただけます。

Ptルツボ
Ptルツボ

その他、白金ルツボや白金器具も取り扱っております。