沿革

表は左右にスクロールできます←→

1968年 8月 株式会社フルヤ金属を設立(東京都三鷹市)
1975年 4月 工業用貴金属事業に参入
1981年 10月 国産第1号のイリジウムルツボ開発成功
1982年 6月 東京都豊島区高田1丁目に高田工場を建設
1986年 4月 大阪営業所開設
1986年 7月 信越化学工業株式会社精密材料部の代理販売開始
1989年 7月 新日本製鐵株式会社、旭硝子株式会社と共同にて溶銑・溶鋼向け連続測温用温度計を開発
1990年 10月 茨城県下館市(現筑西市)につくば工場を建設、本社工場と高田工場を集約
1991年 12月 航空宇宙技術研究所(現独立行政法人 宇宙航空研究開発機構)と高温用温度センサー(イリジウム合金素材使用)を共同開発
1993年 6月 貴金属鉱山会社ウエスタンプラチナム社(南アフリカ共和国)の日本国内の工業用向販売代理店となる
1998年 10月 つくば研究開発センターを開設
2000年 2月 つくば工場において国際品質保証規格「ISO9001」の認証を取得
2002年 10月 仙台営業所開設
2003年 5月 茨城県下館市(現筑西市)のつくば工場敷地内に、工場B棟を新設
2005年 2月 茨城県下館市(現筑西市)のつくば工場敷地内に、工場C棟を新設
2005年 11月 ロンドン・プラチナパラジウムマーケット(LPPM)に登録認証
2006年 1月 つくば工場において国際環境規格「ISO14001」の認証を取得
2006年 9月 株式会社ジャスダック証券取引所へ上場(証券コード:7826)
2007年 3月 名古屋営業所開設 九州出張所開所
2007年 6月 茨城県筑西市のつくば工場敷地内に、工場D棟を新設
2007年 12月 茨城県土浦市に土浦工場を建設
2009年 1月 土浦工場において国際環境規格「ISO14001」の認証を取得
2009年 3月 つくば工場において計量法及び国際規格「ISO17025」の要求に基づき校正事業者「JCSS」として登録、JCSS国際MRA対応認定事業者として認定
2010年 10月 北海道千歳市に千歳工場を建設
2011年 2月 田中貴金属工業株式会社と資本業務提携契約を締結
2011年 9月 株式会社韓国フルヤメタルを設立
2013年 4月 株式会社米国フルヤメタルを設立
2013年 7月 土浦工場に乾式精製装置棟を新設
2013年 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)に上場
2013年 12月 仙台営業所を廃止
2014年 3月 土浦工場に触媒棟新設
2014年 3月 経済産業省認定グローバルニッチトップ企業 100 選に選定
2014年 9月 大阪営業所を名古屋営業所に統合、西日本ビジネスユニットに名称変更
2017年 6月 西日本ビジネスユニットを廃止
2020年 5月 株式会社Furuya Eco-Front Technologyを設立
2020年 6月 2020年版経済産業省認定グローバルニッチトップ企業100選に選定
2020年 7月 Anglo Platinum Marketing Limitedと株式会社Furuya Eco-Front Technologyの合併契約締結